パソコンやスマホを長時間していて目が疲れている人へ対策方法

パソコンやスマホの画面を長時間見て、目が疲れているという方へ。目の周りの筋肉が緊張したり、ブルーライトを浴びて目の調子が悪くなったりということはないでしょうか。ここでは、目の疲れの対策をお話します。

  • ブルーベリーを食べる
    ブルーベリーには、ポリフェノールと、アントシアニンという成分が入っています。ブルーベリーは食べると、24時間で効果がきれるので、毎日食べるのがおすすめです。ブルーベリーヨーグルトなら、スーパーで気軽に購入できて、値段も安いです。
  • 1時間に1度は休憩
    パソコンやスマホをするときは、1時間に10分くらいは休憩をしましょう。トイレに行ったりほかの場所を見たりして、画面を見るのはさけましょう。どうしても無理なときは、画面を見ないで、キーボードをなるべく見るように打ちましょう。
  • ブルーライトカットの眼鏡
    現在は、ブルーライトカットの眼鏡が販売されています。作用中はかけていると少しは楽になります。
  • 蒸しタオルで目を温める
    お風呂に入ったときに、蒸しタオルを目の上にのせると目がすっきりします。筋肉が温められて、緊張がほぐれるからです。熱すぎるとやけどをするので、適温になるまでさましましょう。蒸しタオルにアロマオイルを1滴たらすと、良い香りがして癒されます。オレンジやれもんなどの柑橘系の香りが、人気になっています。
  • 目のマッサージ
    こめかみには、目の充血を防ぐ効果があります。3秒から4秒おして、3回から4回繰り返しましょう。目頭にも、つぼがあるので、同じように3秒から4秒押しましょう。あまり力を入れすぎないで、優しく押してくださいね。
  • 夜は早く寝る
    夜遅くまで、パソコンやスマホをしていると睡眠の質も悪くなり、目の疲れがひどくなります。夜はできるだけ早めに寝て、朝やってみるようにしましょう。朝食も、必ず食べてくださいね。