初めてのレジン、準備するものとやり方

ハンドメイドで人気のレジン、挑戦したいと思ってもやり方や手順がわからない人が多いのでは?
レジンを始めるのに必要なものや手順を解説しますね。

準備するもの

  • レジン枠
  • UVレジン液
  • 中に封入したいもの(パーツなど)

材料はすべて100円均一で購入できます。

あると便利なもの

    • クリアファイル
    • つまようじ
    • ドライヤー
    • UVランプ
    • レジンふき取り剤

手順

  • もし家にクリアファイルがあるなら、それを下に敷きます。机などにレジン液がこぼれてしまい硬化してしまうと取れなくなってしまいますが、クリアファイルの上なら硬化しても取れるので安心です。
  • レジン枠に薄くUVレジンを敷きます。最初に薄くレジンを塗ることによって、配置したいパーツが動いたりするのを防ぎます。
  • パーツを配置したら、レジンをこんもりと塗ります。表面張力でドーム型に膨らむので、ドバッと入れすぎなければこぼれることはありません。
  • レジン液を入れるとたまに気泡が出ます。つまようじなどで丁寧に気泡をつぶしていきます…が、なかなかこれは面倒。家にドライヤーがあれば、ドライヤーの熱で気泡を取ることができますよ。
    ドライヤーを強くするとパーツが吹っ飛ぶので「弱」にするのがポイントです。
  • 気泡がなくなったらレジンを硬化させます。UVランプがある場合は2分くらいが目安です。UVランプがない場合は太陽光でも硬化できます。天気のいい日だと2時間くらいで固まりますが、天気にもよるので様子をみてくださいね。
  • 無事にレジンが硬化したらオリジナルアクセサリーの完成!
    もし表面がベタベタするようだったら再度硬化するか(硬化時間が足りない・硬化不良の可能性があります)、レジンふき取り剤でふきとってみてください。
    レジンのベトベトは石鹸では落ちず、専用のリムーバーが必要です。レジンふき取り剤を用意しておくといいですよ!

下地にマニュキュアを塗って宇宙塗りをしてみたり、かわいいフィルムや押し花なんかを入れて固めてもかわいいですよね。
レジンなら簡単に自分だけのオリジナルアクセサリーが作れるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

“初めてのレジン、準備するものとやり方” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です